マクスウェルの方程式

f:id:musen_shikaku:20191229130858p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成29年7月)

名前は超有名なマクスウェルの方程式の問題です。
実はこの問題は、一陸技の試験の中でも再頻出の問題と言っても過言でありません。
ほぼ確実に出題されるので点数が取れるようにしましょう。

マクスウェルの方程式はいくつか出題パターンがあるのですがここでは、このページのような波動方程式を絡めた問題について解説します。

出題パターンは決まっているので覚えることは1つだけ!

マクスウェルの方程式とは電磁場を表す、電磁気学の基本的な方程式です。すべての電磁気現象はこの方程式を元にしているといわれるほど基本かつ重要な方程式です。
また波動方程式とは電磁波の波動現象を表すための基本となる方程式で、定数係数二階線型偏微分方程式とも言われています。

なんか難しいことを言っていると思われたかもしれませんが、これらの事は全く知らなくても問題ありません。

管理人
管理人

一陸技をもっているけど実は全くわかりません。。。

ではこのパターンの問題に必要なことはというと

∇× : rot(回転): -jω

この組み合わせが必ず正解になるので解答を覚えてしまってください。
過去問を見てもすべて同じ答えとなるので、無条件で覚えてください。

まとめ

マクスウェル、波動方程式の問題は答えを丸暗記

∇× : rot(回転): -jω

答え 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました