ブリッジ回路を用いた抵抗、リアクタンスの測定

f:id:musen_shikaku:20191222114619p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成29年1月)

いわゆるブリッジ回路と言われる回路の問題となります。
ブリッジ回路の問題では下記の2パターンの問題がでますが、ここでは前者のほうを解説します。

  • 抵抗とコンデンサの2種類の素子
  • 抵抗とコンデンサとコイルの3種類の素子

抵抗とコンデンサの2素子だけのブリッジ回路の問題は選択肢だけで答えがわかる!

結論から言うと、答えを導き出す簡単な方法があります。
それは選択肢の2つをかける(✕)だけで不思議と答えがわかってしまいます。

これはある法則があり、RxCx=R2C2 となるものが答えとなります。

具体的には例えば「1」の選択肢では
Rx=CsR2/C2   Cx=R2Cs/R1 なので


これらをかけ算したものは
RxCx=Rs2Cs2/R1C2  となりR2C2ではないので間違いとなります。

では「5」の選択肢ははどうでしょうか。Rx、Cxそれぞれをかけると

それぞれ約分され、R2C2 がのこります。よってこれが正解です・

まとめ

選択肢を両方掛け算したらR2C2になるものが正解と覚えましょう!

答え 5

コメント

タイトルとURLをコピーしました