一陸技合格までの勉強時間


一陸技の試験に合格するために必要な勉強時間について考える際、受験者の背景が多様であることを考慮します。基礎知識が全くない人が合格するためにどのくらいの時間が必要かを探ります。この場合、工学系の学校出身者や実務経験者と比較して、より多くの勉強時間が必要になる可能性があります。

一陸技合格までには890時間の勉強時間が必要

結論から言うとまともに勉強するとすると890時間必要です

その根拠についてですが一陸技試験合格のためには、オーム社の「やさしく学ぶ 第一級陸上特殊無線技士試験シリーズ」の使用を前提に、その総ページ数1112ページを基に計算します。この参考書シリーズは法規、無線工学の基礎、無線工学A、無線工学Bの4冊から成り、内容の難易度と計算問題の複雑さを考慮すると、1時間に5ページを進めるペースが妥当です。このペースで勉強を進めると、全ページを網羅するのに約222.4時間が必要になります。

参考書に関してはこちらの記事をご覧ください。

一般的に参考書を3~5回繰り返し学習することで知識が定着するとされています。中間値である4回の学習を想定すると、一陸技試験の合格には約222.4✕4≒890時間の勉強が必要です。これは、毎日1時間を週6日勉強しても約2年10ヶ月かかる時間です。

私が一陸技試験の勉強に費やした時間は約30~40時間です。最初は真剣に勉強する意向でしたが、必要な890時間という現実を知り、現実的ではないと感じました。そのため、より効率的で楽な合格方法を探求するようになりました。

その内容についてはこのサイトで紹介していきたいと思います。

まとめ

ポイントを絞れば30~40時間で合格することは可能!